さぼり過ぎな今日この頃。。。

久しぶりの記事更新で、何を書こうか…

2ヶ月以上放置してしまいました。

モカも私もこうちゃんもだんなもみんな元気です!!

新しい年になり、こうちゃんの「入園」がぐんと近づいて来たような気がして

気忙しい毎日です。


久しぶりの更新で、いきなりなんですが、ものすごく腹の立つことがありました。

こうちゃんはただ今虫歯の治療中です。

いつものかかりつけの先生が病気でお休みが続き、

知らない間にぽっかりと開いた大きな虫歯の穴…

これ、長期間放っておくのはやばいよな。。。と思い

とりあえず緊急で近くの小児歯科を探し連れて行くことに。


HPによると

『こどもが泣かない歯医者をめざしています!』がモットーだそう。

アニメのDVDを見せながら、気長に治療してくれるし

先生の説明も詳しくてわかりやすい。とのクチコミもあり、そこに決めたのですが…



初日、いきなり、

先生: お母さんは、息子さんの治療、どの程度望まれてますか?

私:  穴があいてるので、診ていただいて、痛いところを削って埋めていただければ…
    (かなり困惑…

先生: ナントカ治療法と、カントカ治療法があって、どちらがいいですか?

私:  へ?

先生: この子の場合だと、じっとしてませんから、完璧な治療は無理です。
    うんぬんかんぬん・・・・・・・・・・

この時点で、わたくし、脳ミソがまったくついていってません…

結局この日は、口の中に器具を入れて、水を出したり風出したりの練習で終わりました。


次の日、

さっそく、こうちゃん口を開けて治療!と思いきや

先生が口に器具を入れただけで、顔をゆがめて、泣き出す3秒前。

先生の手を払いのけようとしました。

ほんの数秒器具を入れただけで、先生、ギブアーップ


ハイ。お母さん、わかったでしょう?3歳の子供にこんな大きな虫歯の治療、無理なんです。
こんな大きな虫歯作ったのはお母さんですから、そこは真摯に受け止めて置いてください。
歯磨きをもっと真剣にしてください!うんじゃらかんじゃら・・・・・・・・・・・・ガミガミガミガミ・・・・・・


私、脱力。もういいです。

ハイ。たしかに、虫歯にしてしまったのは、私の責任です。
しかし、私が仕上げ磨きをどれだけ真剣にやってるか、あなた知ってます?
見たことあります?
そりゃ、磨き方がまずかったから虫歯になってんでしょうが。。。
自分の子が虫歯になって、喜ぶ母がいますか?
痛がる前になんとかして!ってすがる思いで、歯医者に連れてきてるんじゃないですか!


挙句の果てに、この歯医者、

歯、痛くても死にませんわ。
命まで持ってかれませんから。

と言ってのけやがった。

はぁ、そうですね。

と私。この瞬間、この歯医者には二度と来ない!と心に決めました。

これって暴言じゃないですかね?

事実、歯痛では死なないんでしょうが、お医者さんがこんな事言っていいんでしょうか。


うちの『泣き声がしない歯医者』のモットーに反するヤツは、診てやんないよーだ的な

泣きそうな子供は締め出しかい?と思えるような態度。




治療中にこうちゃんがいやがると

そんなに暴れたら先生困るわ~。お母さんが、治療してって依頼してるんだよ~。
お母さんにやれっていわれてるんだから~。

だって。

呆れます。

そんなセリフで、こうちゃんが静まったら、苦労せんわ!

あきらかに、私宛のセリフです。

おとなしく口開けて治療させてくれる子だけを選んでいたら、そりゃ~泣き声もしないでしょうよ!


今は、元気になった、元の先生に診てもらって、今日虫歯の治療とフッ素を終了しました。

こうちゃん的には、キュイーーン(削ること)しない、DVD見せてくれる先生の方がいいみたいですが。。。


病院選びって本当に難しいですよね。

口コミ聞いても、自分もそう思うかどうかわからないですもんね。

どんなに名医でも、信頼できなかったら、自分の体まかせられないし。

今回はいい勉強になりました。こうちゃんにはちょっと悪いことしちゃったけど。

気合入れて仕上げ磨きをがんばるぞ!と誓う毎日です。



後日、次の予約を入れなかった私。

毎日のように、受付のお姉さんから、予約の催促の留守電が・・・

"さぼり過ぎな今日この頃。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント